【AviUtl】素材の追加を簡単にする方法

AviUtl 素材の追加を簡単にする方法

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「オブジェクトマネージャー」というプラグインを使って、素材の追加を簡単にする方法を解説します。

ダウンロードサイト

オブジェクトマネージャー:プログ

スポンサーリンク

「オブジェクトマネージャー」とは

AviUtl 「オブジェクトマネージャー」とは

「オブジェクトマネージャー」を導入すると、AviUtlフォルダ内の素材を表示できるようになります。

プラグインの導入方法

ダウンロード

AviUtl オブジェクトマネージャー ダウンロード

プログへ行き、「exobjman.zip」をダウンロードします。

インストール

AviUtl オブジェクトマネージャー インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「exobjman.auf」を、Pluginsフォルダに移動、もしくはコピーします。

表示

オブジェクトマネージャーの表示

AviUtl オブジェクトマネージャーを表示させる

「表示」「オブジェクトマネージャーの表示」をクリックすると、オブジェクトマネージャーが表示されます。

表示されるファイルの種類

AviUtl オブジェクトマネージャーを表示させる

こちらに、AviUtlフォルダ内の以下のファイルが表示されます。

  • エイリアス (.exa)
  • オブジェクト (.exo)
  • スクリプト (.obj)
  • メディアファイル (exedit.iniで指定されている動画、音声、画像、テキストファイル)

関連 オブジェクトの情報を保存する方法

前面に表示

AviUtl オブジェクトマネージャー 前面に表示

「設定」「全面に表示」をクリックすると、常にタイムラインより手前に表示されるようになります。

使い方

更新

AviUtl オブジェクトマネージャーの使い方

AviUtlフォルダ内に素材を追加しましょう。

AviUtl オブジェクトマネージャーの使い方

「ファイル」「更新」をクリックすると、オブジェクトマネージャーが更新されます。

F5 、ウィンドウ上部をダブルクリックで更新することもできます。

フォルダを開く

AviUtl オブジェクトマネージャーの使い方

ダブルクリックでフォルダを開けます。

素材を追加

AviUtl オブジェクトマネージャーの使い方

タイムラインにドラッグ&ドロップすると素材が追加されます。

「素材の追加を簡単にする方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました