【AviUtl】GIF画像(アニメーション画像)を出力する方法

AviUtl GIF画像(アニメーション画像)を出力する方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「Direct GIF Export 2」というプラグインを使って、GIF形式で画像を出力する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
ダウンロードサイト

Direct GIF Export 2:OneDrive

「Direct GIF Export 2」とは

AviUtlはデフォルトの状態では、GIF画像を出力することはできません。

GIF画像(アニメーション画像)とは

「Direct GIF Export 2」というプラグインを導入すると、GIF形式のアニメーション画像を出力できるようになります。

プラグインの導入方法

ダウンロード

AviUtl DirectGIFExport2 ダウンロード

OneDriveへ行き、「DGE2.zip」をクリックしてダウンロードします。

インストール

AviUtl DirectGIFExport2 インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「DirectGIFExport2.auo」「gifsicle_x64.exe」「libiomp5md.dll」を、AviUtlフォルダに移動、もしくはコピーします。

GIF画像を出力する方法

AviUtlを起動させて、GIF画像として出力したい動画を作ります。

AviUtl GIF画像を出力する方法

「ファイル」「プラグイン出力」「Direct Animated GIF Export 2」をクリック。

AviUtl GIF画像を出力する方法

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、GIF画像が出力されます。

動画の一部分を出力

AviUtl 動画の一部分を出力

開始位置と終了位置を指定すれば、動画の一部分を出力できます。

関連 動画の開始位置と終了位置を指定する

画面の一部分を出力

AviUtl 画面の一部分を出力

タイムライン上で右クリック「フィルタオブジェクトの追加」「クリッピング&リサイズ」をクリック。

AviUtl 画面の一部分を出力

追加したフィルタオブジェクトを、一番下に配置します。

AviUtl 画面の一部分を出力

設定ダイアログの「上下左右」の数値を上げて、出力する範囲を調節できます。

「GIF画像を出力する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました