【AviUtl】モーフィング動画の作り方(画像を徐々に変化させる)

AviUtl モーフィング動画の作り方(画像を徐々に変化させる)

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「簡易モーフィング」というスクリプトを使って、画像を徐々に変化させる方法を解説します。

ダウンロードサイト

簡易モーフィング:スクリプト置き場

「モーフィング」とは

モーフィングとは、ある画像から別の画像へ自然に変形していく映像のことです。

AviUtl 「モーフィング」とは

「簡易モーフィング」というスクリプトを導入すると、モーフィング機能を使えるようになります。

スクリプトの導入方法

ダウンロード

AviUtl 簡易モーフィング ダウンロード

スクリプト置き場へ行き、「簡易モーフィング」の項目から「DL」をクリックしてダウンロードします。

項目を見つけられない場合は、Ctrl + F でページ内検索してください。

インストール

AviUtl 簡易モーフィング インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「@モーフィング.anm」を、scriptフォルダに移動、もしくはコピーします。
※scriptフォルダがない場合は、右クリック→「新規作成」→「フォルダー」から作成してください。

scriptフォルダ内で、さらにフォルダ分けしても構いません。

使い方

モーフィング

変化前の画像を設定

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

変化前の画像をタイムラインに追加します。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

アニメーション効果を追加して、「モーフィング-ポイント指定@モーフィング」を選択します。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方
  1. 「ポイント数」の数値を上げる
  2. 「ポイント表示」にチェックを入れる
AviUtl 簡易モーフィング 使い方

メインウィンドウで番号をドラッグして、「目・鼻・口・輪郭」など、ポイントになる所に配置します。

1~4は四隅に配置されており、動かすことはできません。

ポイント数が足りない場合

「ポイント数」をさらに増やすこともできます。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

もうひとつアニメーション効果を追加して、「モーフィング-ポイント追加@モーフィング」を選択します。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

こちらから、ポイント数を増やせます。

変化後の画像を設定

AviUtl 簡易モーフィング 使い方
  1. オブジェクトを複製して上下に配置
    Ctrl + D で真下に複製できます。
  2. 上のレイヤーを非表示にする
AviUtl 簡易モーフィング 使い方

複製したオブジェクトを選択して、「参照ファイル」をクリック。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

変化後の画像を選択して、「開く」をクリック。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

「画像番号」「2」にします。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

メインウィンドウで番号をドラッグして、「目・鼻・口・輪郭」など、ポイントになる所に配置します。

変化前・変化後の画像を透明にする

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

変化前と変化後の両方の

  1. 「透明度」を「100」にする
  2. 「ポイント表示」のチェックを外す

モーフィングを表示させる

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

図形オブジェクトを追加して、変化前・変化後の下に配置します。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

アニメーション効果を追加して、「モーフィング-表示@モーフィング」を選択します。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

「変化度」をクリックして、「直線移動」を選択します。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

開始位置の数値を「0」、終了位置の数値を「100」にします。

再生してみましょう。

AviUtl 簡易モーフィング 使い方

このように、モーフィング動画を作ることができます。

モーフィング(輪郭)

AviUtl モーフィング(輪郭)

画像の輪郭をモーフィングさせることもできます。

AviUtl モーフィング(輪郭)

変化前・変化後の画像を上下に配置します。

AviUtl モーフィング(輪郭)

変化前の「透明度」「100」にします。

AviUtl モーフィング(輪郭)

変化後のオブジェクトにアニメーション効果を追加して、「モーフィング(輪郭)-表示@モーフィング」を選択します。

AviUtl モーフィング(輪郭)

「設定」をクリック。

AviUtl モーフィング(輪郭)

「変形前画像レイヤー」に、変化前の画像を配置しているレイヤーの番号を入力します。

AviUtl モーフィング(輪郭)

「変化度」をクリックして、「直線移動」を選択します。

AviUtl モーフィング(輪郭)

開始位置の数値を「0」、終了位置の数値を「100」にします。

再生してみましょう。

AviUtl モーフィング(輪郭)

このように、輪郭をモーフィングさせることができます。

「モーフィング動画の作り方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました