【AviUtl】オブジェクトを切り取り・リップル切り取りできるプラグイン【切り取り】

【AviUtl】オブジェクトを切り取り→貼り付けできるプラグイン【切り取り】

無料動画編集ソフト「AviUtl」で、オブジェクトを切り取り・リップル切り取りする方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

※この動画は「VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット」を使用しています。

ダウンロードサイト

切り取り:GitHub

ニコニコ 開発者さんの解説動画

デフォルトの切り取り機能は「選択範囲を切り取る」という意味で、一般的な切り取りとは違います。

関連 範囲を選択する方法

「切り取り」というプラグインを導入すると、Ctrl + X でオブジェクトを切り取れるようになります。

切り取りと同時に、右のオブジェクトを左に詰める「リップル切り取り」という機能もあります。

「切り取り」は、拡張編集プラグインが 0.92 のバージョンでないと動作しません。

関連 AviUtlのダウンロード&インストール

AviUtl Visual C++ 再頒布可能パッケージ

「切り取り」が正しく動作しない場合は「Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストールしてください。

では「AviUtlでオブジェクトを切り取り・リップル切り取りする方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

「切り取り」のダウンロード&インストール

ダウンロード

AviUtl 「切り取り」のダウンロード&インストール

GitHubにアクセスして、「tl_item_cut.zip」をダウンロードします。

ブラウザによってブロックされた場合は、解除してダウンロードを継続してください。
※Chromeは画面左下から、Edgeは画面右上から解除できます。

インストール

AviUtl 「切り取り」のダウンロード&インストール

ダウンロードしたzipファイルの中に入っている「tl_Item_cut.auf」を、「pluginsフォルダ」にコピーします。

「切り取り」の使い方

AviUtlを起動しましょう。
※起動済みの場合は再起動してください。

ショートカットキーの設定

過去に「ショートカットキーの設定」を行ったことがある場合は、新たに [切り取り] [リップル] [TLリップル] のショートカットキーを設定する必要があります。

関連 ショートカットキーの設定方法

AviUtl 「切り取り」の使い方

「ファイル」「環境設定」「ショートカットキーの設定」をクリックします。

AviUtl 「切り取り」の使い方

[切り取り] [リップル] [TLリップル] が追加されていますので、必要に応じて変更しましょう。

切り取り→貼り付け

Ctrl + X で、選択中のオブジェクトを切り取りできます。

貼り付けたい場所をクリックして Ctrl + V で、切り取ったオブジェクトを貼り付けできます。

リップル切り取り

Shift + Ctrl + X で切り取りと同時に、右のオブジェクトが左に移動します。

「リップル切り取り」で移動するのは、同じレイヤー上にあるオブジェクトだけです。

TLリップル

AviUtl 「切り取り」の使い方 TLリップル

「TLリップル」を使えば、選択オブジェクトの長さだけ、他のレイヤーにもリップル切り取りが適用されます。

Ctrl + Alt + X で切り取りと同時に、すべてのレイヤーの右のオブジェクトが左に移動します。

「AviUtlでオブジェクトを切り取り・リップル切り取りする方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました