【Filmora】タイムラインの使い方

Filmora(フィモーラ) タイムラインの使い方

簡単かつ高機能な動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」

Filmoraで動画編集をするうえで覚えておくべき、タイムラインの基本的な使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

タイムラインの見かた

Filmora(フィモーラ) タイムラインの見かた

こちらがタイムラインです。

時間軸

Filmora(フィモーラ) タイムラインの見かた 時間軸

タイムラインの左端が動画の初めで、右端が動画の終わりです。

Filmora(フィモーラ) タイムラインの見かた 時間軸

プレイヘッド(赤いバー)の上にある映像が、プレビューウィンドウに表示されます。

プレイヘッドを移動させる

Filmora(フィモーラ) タイムライン プレイヘッドを移動させる

タイムラインの上部をクリックするか、

Filmora(フィモーラ) タイムライン プレイヘッドを移動させる

こちらをドラッグして、プレイヘッドを移動できます。

プロジェクトの長さを変更

Filmora(フィモーラ) プロジェクトの長さを変更

スライダーをドラッグして、編集プロジェクトの表示を長くしたり短くしたりできます。

Filmora(フィモーラ) プロジェクトの長さを変更

プラスとマイナスをクリックして変更することもできます。

Filmora(フィモーラ) プロジェクトの長さを変更

タイムラインの上部で、左右にドラッグして変更することもできます。

Filmora(フィモーラ) プロジェクトの長さを変更

こちらをクリックすると、タイムライン全体が見れるように調整されます。

元に戻す・やり直し

Filmora(フィモーラ) 元に戻す

こちらをクリックするごとに、ひとつ前の状態に戻すことができます。

Ctrl + Z のショートカットキーで戻すこともできます。

Filmora(フィモーラ) やり直し

こちらをクリックすると、戻したのをやり直すことができます。

Ctrl + Y のショートカットキーで戻すこともできます。

メディアをタイムラインに追加・削除

追加

Filmora(フィモーラ) メディアをタイムラインに追加

使用したい素材をタイムラインにドラッグ&ドロップすると、メディアが追加されます。

Filmora(フィモーラ) メディアをタイムラインに追加

複数の素材を同時に追加することもできます。

Filmora(フィモーラ) メディアをタイムラインに追加

メディアライブラリにインポートしていない状態でも、ファイルを直接タイムラインにドラッグ&ドロップして追加することもできます。

Filmora(フィモーラ) メディアをタイムラインに追加

すでにメディアが追加されている位置にドラッグ&ドロップすると、その部分が上書きされます。

Filmoraに内蔵されている、カラーサンプル・動画サンプル・オーディオなども、同じように追加することができます。

削除

Filmora(フィモーラ) メディアをタイムラインから削除

メディアを選択して、ツールバーのゴミ箱アイコンをクリックすると、タイムライン上からメディアを削除できます。

メディアを右クリック→「削除」でも削除できます。
メディアを選択して Delete でも削除できます。

プロジェクト設定をメディアと一致させる

Filmora(フィモーラ) プロジェクト設定をメディアと一致させる

素材をタイムラインに追加したとき、このようなウィンドウが表示される場合があります。

これは、素材の解像度またはフレームレートが、プロジェクト設定と一致していないのが原因です。

関連 プロジェクト設定

Filmora(フィモーラ) プロジェクト設定をメディアと一致させる

「メディアと一致させる」= 素材に合わせて設定が変更される
「変更しない」= 設定に合わせてメディアが追加される

素材の解像度やフレームレートを確認する方法

素材の解像度やフレームレートを確認する方法

ファイルを右クリック→「プロパティ」をクリック。

素材の解像度やフレームレートを確認する方法
「詳細」のタブから、解像度とフレームレートを確認できます。

ビデオトラック・オーディオトラック

トラックとは

Filmora(フィモーラ) ビデオトラック・オーディオトラック

Filmoraには、ビデオトラックとオーディオトラックがあります。

ビデオトラック=動画や画像などを追加できる
オーディオトラック=音声を追加できる

動画から音声を分離させる

Filmora(フィモーラ) 動画から音声を分離させる

動画ファイルの場合は、基本的には動画と音声がひとつになっています。

Filmora(フィモーラ) 動画から音声を分離させる

右クリック→「オーディオを分離する」をクリックすると、動画から音声を分離することができます。

トラックの見かた

「ビデオトラック1」が一番奥に表示されて、数値が大きいほど手前に表示されます。

Filmora(フィモーラ) トラックの見かた

上の画像の場合、
一番奥(ビデオトラック1)に背景
その手前(ビデオトラック2)に犬小屋の画像
その手前(ビデオトラック3)に犬の画像
その手前(ビデオトラック4)にテキスト
が表示されています。

Filmora(フィモーラ) トラックの見かた

「背景」を一番手前に移動させるとこうなります。背景が他の素材を覆い隠している状態です。

画像やテキストが自分の思うように表示されないという場合は、トラックの位置を変えてみると解決するかもしれません。

トラックを追加

Filmora(フィモーラ) トラックを追加

動画や画像などの素材を、上のスペースにドラッグ&ドロップすると、ビデオトラックが追加されます。

Filmora(フィモーラ) トラックを追加

音声の素材を、下のスペースにドラッグ&ドロップすると、オーディオトラックが追加されます。

Filmora(フィモーラ) トラックを追加

タイムライン左上の+アイコンをクリックして、こちらからビデオトラック・オーディオトラックを追加することもできます。

トラックを削除

Filmora(フィモーラ) トラックを削除

トラックを選択して、タイムライン左上の+アイコンをクリック。
「選択したトラックを削除する」をクリック。

Filmora(フィモーラ) トラックを削除

「はい」をクリックすると、そのトラックと、トラック上にある素材が削除されます。

Filmora(フィモーラ) トラックを削除

「空のトラックを削除する」をクリックすると、素材が配置されていないトラックが削除されます。

トラックの幅を変更

Filmora(フィモーラ) トラックの幅を変更

タイムライン左上の+アイコンをクリック。
「トラックの幅を調整する」から、トラックの幅を変更できます。

トラックの境界線をドラッグして変更することもできます。

トラックを非表示・ロック

トラックを非表示

Filmora(フィモーラ) トラックを非表示

目のアイコンをクリックすると、そのトラック上にある素材を非表示にできます。

トラックをロック

Filmora(フィモーラ) トラックをロック

鍵アイコンをクリックすると、そのトラック上にある素材を動かしたり、変更したりできなくなります。

「Filmoraのタイムラインの使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました