【AviUtl】モーショントラッキングの使い方

AviUtl モーショントラッキングの使い方

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「Motion Tracking MK-Ⅱ」というプラグインを使って、モーショントラッキングする方法を解説します。

ダウンロードサイト

Motion Tracking MK-Ⅱ:OneDrive

スポンサーリンク

「モーショントラッキング」とは

モーショントラッキングとは、動画内の特定のモノに合わせて、素材やフィルタ効果を動かす機能のことです。

AviUtl 「モーショントラッキング」とは

「Motion Tracking MK-Ⅱ」というプラグインを導入すると、モーショントラッキング機能が使えるようになります。

プラグインの導入方法

ダウンロード

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ ダウンロード

OneDriveへ行き、「MotionTrackingMKII-Release」をダウンロードします。

Lhaplus」や「7-Zip」などの解凍ソフトで、7zファイルを展開してください。

インストール

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ インストール

展開させたフォルダ内の「MotionTrackingMKII.auf」を、Pluginsフォルダに移動、もしくはコピーします。

Motion Tracking MK-Ⅱ を表示させる

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱを表示させる

「設定」「MotionTracking MK-IIの設定」をクリックすると、設定ウィンドウが表示されます。

Motion Tracking MK-Ⅱ を有効にする

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱを有効にする

右上のボックスにチェックを入れると、Motion Tracking MK-Ⅱ が有効になります。

使い方

ターゲットを選択

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

「1.Select Object」をクリック。

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

出てきたウィンドウをドラッグして、トラッキングしたいターゲットを選択します。

ターゲットを選択し終えたら、このウィンドウは閉じても構いません。

ターゲットを解析

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

「2.Analyze」をクリックすると、選択したターゲットが解析されます。

解析結果を確認

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

「3A.View Result」をクリック。

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

出てきたウィンドウのバーをドラッグして、解析結果を確認します。

解析結果を削除

解析結果に納得がいかない場合は、解析結果を削除して、「ターゲットを選択」からやり直しましょう。

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

「3B.Clear Result」をクリックすると、解析結果が削除されます。

EXOファイルを出力

解析結果に問題がなければ、EXOファイルを出力しましょう。

図形オブジェクトとして出力

「ターゲットを画像で隠したい」という場合は、図形オブジェクトとしてEXOファイルを出力しましょう。

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方

「6.Save EXO」をクリックして、ファイルを保存します。

部分フィルタとして出力

「ターゲットにフィルタ効果を適応させたい」という場合は、部分フィルタとしてEXOファイルを出力しましょう。

AviUtl MotionTrackingMK-Ⅱ 使い方
  1. 「5.As Sub-filter/部分フィルター?」にチェック
  2. 「6.Save EXO」をクリックしてファイルを保存

ターゲットを画像で隠す

AviUtl モーショントラッキング 画像で隠す

図形オブジェクトのEXOファイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップ。

AviUtl モーショントラッキング 画像で隠す
  1. 設定ダイアログ右上のアイコンをクリック
  2. 「画像ファイル」をクリック
AviUtl モーショントラッキング 画像で隠す

「参照ファイル」をクリック。

AviUtl モーショントラッキング 画像で隠す

画像を選択して、「開く」をクリック。

AviUtl モーショントラッキング 画像で隠す

このように、ターゲットを画像で隠すことができます。

ターゲットにフィルタ効果を適応させる

AviUtl モーショントラッキング フィルタ効果を適応させる

部分フィルタのEXOファイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップ。

AviUtl モーショントラッキング フィルタ効果を適応させる

デフォルトで追加されている、「単色化」のフィルタ効果をオフにします。

AviUtl モーショントラッキング フィルタ効果を適応させる

設定ダイアログ右上の + をクリックして、追加したいフィルタ効果を選択します。

AviUtl モーショントラッキング フィルタ効果を適応させる

このように、ターゲットにフィルタ効果を適応できます。

「モーショントラッキングの使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました