【AviUtl】文字をタイピング風に表示させる方法

AviUtl 文字をタイピング風に表示させる方法

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「TAタイピング」というスクリプトを使って、文字をタイピング風に表示させる方法を解説します。

ダウンロードサイト

AviUtlスクリプト一式:BowlRoll

「TAタイピング」とは

AviUtl 「TAタイピング」とは

テキストオブジェクトの「表示速度」を設定すると、文字を1文字ずつ表示させることはできますが、これだけではタイピングっぽくはありません。

関連 表示速度(1文字ずつ表示)

AviUtl 「TAタイピング」とは

「TAタイピング」というスクリプトを導入すると、文字をタイピングっぽく表示させることができます。

スクリプトの導入方法

ダウンロード

AviUtl TAタイピング ダウンロード

BowlRollへ行き、「Download」をクリックしてダウンロードします。

インストール

AviUtl TAタイピング インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「@TA.anm」を、scriptフォルダに移動、もしくはコピーします。
※scriptフォルダがない場合は、右クリック→「新規作成」→「フォルダー」から作成してください。

scriptフォルダ内で、さらにフォルダ分けしても構いません。

使い方

「TAタイピング」を追加

TAタイピングA

AviUtl TAタイピング 使い方

テキストオブジェクトを追加して、位置やサイズを設定します。

関連 テキストの基本

AviUtl TAタイピング 使い方

「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れます。

AviUtl TAタイピング 使い方

アニメーション効果を追加して、「TAタイピングA@TA」を選択します。

関連 フィルタ効果の使い方

この段階で、文字が1文字ずつ表示されるようになります。

TAタイピングB

AviUtl TAタイピング 使い方

オブジェクトを複製して上下に配置します。
Ctrl + D で真下に複製できます。

AviUtl TAタイピング 使い方

複製したオブジェクトのアニメーション効果を、「TAタイピングB@TA」に変更します。

AviUtl TAタイピング 使い方

複製したオブジェクトの文字を、子音に書き換えます。
※ TAタイピングA に「テキスト」と入力した場合は「tkst」と書き換えます。

再生してみましょう。

AviUtl TAタイピング 使い方

このように、文字をタイピング風に表示させることができます。

表示速度を変更

AviUtl TAタイピング 表示速度を変更

TAタイピングAの「表示速度」から、1秒間に表示させる文字数を設定できます。

カーソルの長さ・太さ・色を変更

TAタイピングBで、カーソルの長さ・太さ・色を設定できます。

AviUtl TAタイピング カーソルの長さ・太さ・色を変更
  1. -横幅 = カーソルの長さ
  2. 太さ = カーソルの太さ
  3. 色 = カーソルの色

「文字をタイピング風に表示させる方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました