AviUtlの時短操作

AviUtlの時短操作

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

作業効率が上がる「時短操作」を解説します。

スポンサーリンク

便利なタイムラインの操作

複数のオブジェクトを選択・変更

AviUtl 便利なタイムラインの操作

Ctrl を押しながらクリックやドラッグすると、複数のオブジェクトを選択できます。

複数のオブジェクトを選択した状態で、設定ダイアログの数値などを変更すると、選択した全てのオブジェクトを同時に変更できます。

\ さらに詳しく /

タイムラインをスクロール

AviUtl 便利なタイムラインの操作

マウスホイールを回転 = 横スクロール
Alt + マウスホイールを回転 = 縦スクロール

グループ化

複数のオブジェクトを選択してドラッグすれば、オブジェクトを同時に動かすことができますが、その間ずっと Ctrl を押しておかなければいけません。

「グループ化」すれば、普通にドラッグして複数のオブジェクトを動かせるようになります。

AviUtl 便利なタイムラインの操作

複数のオブジェクトを選択して右クリック「グループ化・グループ解除」を行えます。

空フレームの挿入

AviUtl 便利なタイムラインの操作

タイムライン上で右クリック「空フレームの挿入」をクリック。

AviUtl 便利なタイムラインの操作

秒数、もしくはフレーム数を入力して「OK」をクリック。

AviUtl 便利なタイムラインの操作

現在フレームの右側にスペースが挿入されます。

\ さらに詳しく /

ショートカットキー

ショートカットキーの設定方法

AviUtl ショートカットキーの設定方法

「ファイル」「環境設定」「ショートカットキーの設定」をクリック。

AviUtl ショートカットキーの設定方法
  1. 項目を選択
  2. 割り当てたいキーを選択
  3. 「OK」をクリック
\ さらに詳しく /

任意フレーム数移動の設定方法

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

「任意フレーム数移動」に関しては、ショートカットキーとは別に、移動するフレーム数も設定する必要があります。

任意フレーム数移動とは

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

「任意フレーム数移動」を設定すると、設定したショートカットキーで任意のフレーム数を移動できるようになります。

\ さらに詳しく /

覚えておくと便利なショートカットキー

1フレームずつ移動

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

 = 1フレーム戻る
 = 1フレーム進む

再生・停止

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

スペース = 再生・停止

元に戻す

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

Ctrl + Z = 元に戻す

オブジェクトを削除

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

Delete = 削除

オブジェクトを複製

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

Ctrl + CCtrl + V = 真横に複製

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

Ctrl + D = 真下に複製

オブジェクトを分割

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

S = 分割

関連 カット編集

中間点を追加

AviUtl 覚えておくと便利なショートカットキー

P = 中間点を追加

関連 中間点の使い方

\ さらに詳しく /

オブジェクトの情報を保存

初期値(オブジェクトを追加したときのデフォルトの設定)

オブジェクトを追加したときの、デフォルトの設定を変更できます。

AviUtl オブジェクトの情報を保存

設定ダイアログ上で右クリック「設定の保存」「現在の設定を初期値にする」をクリック。

\ さらに詳しく /

エイリアス(オブジェクトの設定を保存)

エイリアスを作成すると、「設定ダイアログの数値」「追加しているフィルタ効果」「オブジェクトの長さ」などを保存できます。

AviUtl オブジェクトの情報を保存

オブジェクトを右クリック「エイリアスを作成」をクリック。

AviUtl オブジェクトの情報を保存

エイリアス名と格納フォルダを入力して、「OK」をクリック。

AviUtl オブジェクトの情報を保存

タイムライン上で右クリックして、「メディアオブジェクトの追加」にカーソルを合わせるとエイリアスが表示されます。

\ さらに詳しく /

オブジェクトファイル(複数のオブジェクトを保存)

タイムライン上にある、全てのオブジェクトを保存・追加できます。

AviUtl オブジェクトの情報を保存

タイムライン上で右クリック「ファイル」「オブジェクトファイルのインポート or エクスポート」をクリック。

オブジェクトファイルのエクスポート = 保存

オブジェクトファイルのインポート = 追加

\ さらに詳しく /

シーン機能

AviUtl シーン機能

シーン機能を使うと、「Scene」に作った動画を呼び出せるようになります。

シーン機能を使う利点
  • 同じシーンを使い回せる
  • タイムラインがスッキリする
  • 動画の構成を変更しやすくなる

シーンの作成

AviUtl シーン機能

タイムラインの「Root」をクリックして、シーンを選択します。
※この記事では「Scene 1」を選択しています。

AviUtl シーン機能

シーンとして使いたい動画を作ります。

AviUtl シーン機能

「Root」に戻ります。

シーンの追加

AviUtl シーン機能

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「シーン・シーン(音声)」をクリック。

AviUtl シーン機能

設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したいシーンを選択します。

AviUtl シーン機能

再生すると、Scene 1 に作成した映像と音声が流れるようになります。

\ さらに詳しく /

「AviUtlの時短操作」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
創作日和
タイトルとURLをコピーしました