【AviUtl】メインウィンドウ・タイムライン・設定ダイアログの使い方

AviUtl 3つウィンドウ(メインウィンドウ・タイムライン・設定ダイアログ)

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

メインウィンドウタイムライン設定ダイアログの基本的な使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

画面の見かたと役割

AviUtl 画面の見かたと役割

AviUtlは、「メインウィンドウ」「タイムライン」「設定ダイアログ」の3つのウィンドウに分かれています。

  1. タイムラインに素材を読み込む
  2. 設定ダイアログで素材を編集
  3. メインウィンドウで確認

というのが、動画編集の一通りの流れです。

メインウィンドウ

設定

メインウィンドウに関する設定は、以下の記事で解説しています。

基本操作

AviUtl メインウィンドウの基本操作
  1. 再生・一時停止
  2. 1フレームずつ移動
ショートカットキー

スペース = 再生・一時停止

= 1フレームずつ移動

\ さらに詳しく /

タイムライン

タイムラインの見かた

AviUtl タイムラインの見かた

タイムラインの左端が動画の始めで、右端が動画の終わりです。

オブジェクトを追加

AviUtl オブジェクトを追加

使用したい動画・画像・音声ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、オブジェクトが追加されます。

関連 ファイルが読み込めないときの対処法

レイヤー

AviUtl タイムライン レイヤー

「Layer 1(レイヤー1)」が奥に表示されて、数値が大きいほど手前に表示されます。

\ さらに詳しく /

設定ダイアログ

数値の変更方法

設定ダイアログの数値を変更することで、素材を編集できます。

AviUtl 設定ダイアログ 数値の変更方法
  1. バーをドラッグ
  2.   をクリック
  3. 数値を入力
  4. 数値の上で左右にドラッグ
    ※ Shift + ドラッグで小数点以下の数値を微調整できます。

フィルタ効果(エフェクト)

AviUtl 設定ダイアログ フィルタ効果(エフェクト)

右上の + をクリックして、さまざまなフィルタ効果を追加できます。

関連 フィルタ効果の使い方

数値を変化させる(キーフレーム)

オブジェクトの開始位置から終了位置に向かって、設定ダイアログの数値を変化させることもできます。

数値を変化させることで、画像を動かしたり、フィルタ効果に演出を加えたりできます。

AviUtl 設定ダイアログ 数値を変化させる

変化させたい項目をクリックして、移動方法を選択します。

AviUtl 設定ダイアログ 数値を変化させる

右側の数値が変更できるようになります。

関連 画像を動かす方法・中間点の使い方

\ さらに詳しく /

「AviUtlの各ウィンドウの使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました