【AviUtl】拡張編集の環境設定

AviUtl 拡張編集の環境設定

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

拡張編集の環境設定について解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

補足情報なしで手っ取り早く設定したい方は、下の「おすすめの設定」をご覧ください。

スポンサーリンク

設定画面を開く

AviUtl 環境設定の画面を開く

タイムライン上で右クリックして、「環境設定」をクリックすると設定画面が開きます。

レイヤーの幅

AviUtl レイヤーの幅

デフォルトの設定では、レイヤーの幅は大きく設定されています。

AviUtl レイヤーの幅

「レイヤーの幅」から変更できます。

関連 レイヤーとは

再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

AviUtl 再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

デフォルトの設定では、動画を再生・停止したとき、再生させた位置にカーソルが戻るようになっています。

AviUtl 再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

「再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」にチェックを入れます。

AviUtl 再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

動画を停止した位置に、カーソルが移動するようになります。

中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

AviUtl 中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

デフォルトの設定では、右クリックした位置で「中間点を追加」「分割」されるようになっています。

AviUtl 中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れます。

AviUtl 中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

フレームの位置で「中間点を追加」「分割」されるようになります。

関連 カット編集のやり方

オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

AviUtl オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

デフォルトの設定では、オブジェクトの端をドラッグして長さを変更すると、隣のオブジェクトも同時に変更されます。

AviUtl オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

「オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択」のチェックを外します。

AviUtl オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

選択したオブジェクトだけが変更されるようになります。

バックアップ

動画編集を始めると、AviUtlフォルダの中に「backup」というフォルダが自動的に作られます。

このバックアップファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすれば、編集プロジェクトを復元できます。

デフォルトの設定では、5分間に1回バックアップファイルが作成され、最大10個のファイルが保存されます。

AviUtl バックアップ

こちらから、バックアップを取る間隔、保存するバックアップファイルの最大数を変更できます。

「自動バックアップを有効」のチェックを外すと、バックアップファイルは作成されなくなります。

「拡張編集の環境設定」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました