【AviUtl】導入方法(ダウンロード・インストール)

AviUtlの導入方法(ダウンロード・インストール)

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtl本体と拡張編集プラグイン、入力プラグインの「L-SMASH Works」、出力プラグインの「x264guiEx」を導入(ダウンロード・インストール)する方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

AviUtl本体と拡張編集プラグイン

ダウンロード手順

AviUtl本体と拡張編集プラグインを導入する手順を解説します。

AviUtl本体と拡張編集プラグインをダウンロード

ダウンロードサイトへ行き、「aviutl100.zip」「exedit92.zip」をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードした圧縮フォルダを展開させます。

関連 圧縮フォルダを展開させる方法

「aviutl100」がAviUtl本体のフォルダ。
「exedit92」が拡張編集プラグインのフォルダ。

拡張編集プラグインのフォルダ内に入っている全てのファイルを、AviUtl本体のフォルダに移動させます。移動のやり方は以下の通りです。

AviUtl本体と拡張編集プラグインをダウンロード
全てのファイルを選択して右クリック。
「切り取り」をクリック。
AviUtl本体と拡張編集プラグインをダウンロード
AviUtl本体のフォルダに移動して右クリック。
「貼り付け」をクリック。

正常にダウンロードできているか、試しに起動させてみましょう。

AviUtl本体と拡張編集プラグインをダウンロード

AviUtlのアプリをダブルクリック。

AviUtl本体と拡張編集プラグインをダウンロード

↑AviUtl本体が起動しました。

タイムラインを表示させる

デフォルトの状態では、タイムラインなどの拡張編集機能は非表示になっています。
編集するときに必要ですので、以下の手順で表示させておきましょう。

AviUtl タイムラインを表示させる

「設定」「拡張編集の設定」をクリック。

AviUtl タイムラインを表示させる

↑タイムラインが表示されるようになりました。

入力プラグイン「L-SMASH Works」

AviUtl 入力プラグイン(L-SMASH Works)の導入方法1

AviUtlはデフォルトの状態では「AVI」や「WAV」など、限られた形式のファイル以外は読み込むことができません。

入力プラグインを導入することで「MP4」や「MP3」など、さまざまな形式のファイルを読み込むことができるようになります。

下準備(Pluginsフォルダ作成)

入力プラグインをダウンロードする前に、AviUtl本体のフォルダ内に「Plugins」というフォルダを作っておきましょう。フォルダの作り方は以下の通りです。

AviUtl 入力プラグイン(L-SMASH Works)の導入方法2
AviUtl本体のフォルダ内で右クリック。
「新規作成」から「フォルダー」をクリック。

AviUtl 入力プラグイン(L-SMASH Works)の導入方法3

フォルダ名を「Plugins」とします。

では、入力プラグインの導入手順を解説していきます。

ダウンロード手順

AviUtl 入力プラグイン(L-SMASH Works)の導入方法4

ダウンロードサイトへ行き、「ダウンロード」という項目から、2つあるうちの上のリンクをクリックしてダウンロードします。

AviUtl 入力プラグイン(L-SMASH Works)の導入方法5

ダウンロードしたフォルダ内の「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」を、先ほど作った「Plugins」に移動させます。

移動し終えたら、残りのファイルは削除しても構いません。

出力プラグイン「x264guiEx」

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法1

AviUtlはデフォルトの状態では、AVI形式でしか動画を出力できません。

出力プラグインを導入することで、高画質・低容量のMP4形式で出力できるようになります。

では、出力プラグインの導入手順を解説していきます。

ダウンロード手順

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法2

ダウンロードサイトへ行き、右サイドバーの「いろいろ」という項目から、「AviUtlプラグイン」の一番上のリンクをクリック。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法3

グーグルドライブのページが開きます。
ファイルが2つあるので、ZIPファイルのほうを右クリックして、「ダウンロード」をクリック。

もう片方のファイルも中身は同じですが、7z形式で圧縮されたものなので、専用の解凍ソフトが必要になります。
AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法4
↑もしグーグルドライブではなくOneDriveのページが開いた場合は、こちらをクリックしてダウンロードしてください。

インストール手順

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法5

ダウンロードした圧縮フォルダを展開させて、「auo_setup」をダブルクリック。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法6

  1. 「…」をクリック
  2. AviUtlのフォルダを選択
  3. 「OK」をクリック

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法7

「次へ」をクリックすると、インストールが開始されます。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法8

このように表示されれば、インストール完了です。

正常にインストールされているか確認してみましょう。

出力プラグインが正常にインストールされているか確認

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法9

タイムライン上で右クリックして、「新規プロジェクトの作成」をクリック。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法10

「OK」をクリック。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法11

本体ウィンドウの「ファイル」「プラグイン出力」「拡張x264出力」をクリック。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法12

「ビデオ圧縮」をクリック。

AviUtl 出力プラグイン(x264guiEx)の導入方法13

↑こちらのファイルが指定されていれば正常にインストールされています。

もし空欄になっている場合は、横の「…」をクリックしてファイル指定しましょう。ファイルがある場所は以下の通りです。

  1. 「aviutl100」→「exe_files」→「x264」
  2. 「aviutl100」→「exe_files」→「qaac」
  3. 「aviutl100」→「exe_files」→上から「remuxer」「timelineeditor」「muxer」

インストールに失敗するときの対処法

1.Appleの「iTunes」か「QuickTime」をインストールする。
個人的には、これで解決する場合が多いように思います。

2.AviUtlのインストール場所を変える。
プログラムフォルダは避けて、Dドライブに置くことを推奨します。

3.時間をおいてからもう一度ためす。
ダウンロード先のサーバーが落ちているということもあります。

出力プラグインがなくても、AviUtlで動画編集はできます。
どうしても出力プラグインが導入できない場合は、AVI形式で出力したファイルを、別のソフトでエンコードするという方法もあります。
関連 AVI形式で動画を出力する方法

「AviUtlの導入方法(ダウンロード・インストール)」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 曼珠沙華 より:

    記事に書れていたURLは見れなくなっていて

    https://github.com/VFR-maniac/L-SMASH-Works

    こちらのURLでソースコードを配布されてる様です。

    とりあえず報告まで。

    • 創作日和 創作日和 より:

      ご報告ありがとうございます(^^)
      いま確認したら正常にアクセスできるようになっていました。
      相手側のサーバーの問題だったんだと思います。

  2. 長澤 より:

    L-smash-woak のインストールができないです。
    ダウンロードサイトが表示されません。

  3. 長澤 より:

    追加です。

    l-smashを解凍して表示させることはできたのですが
    「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」という
    4つのファイルがありません。

    Zipファイルが違っているのでしょうか??

    このL\smashだけ、ない状態です・・

    • 創作日和 創作日和 より:

      今はアクセスできないようですね。相手側のサーバーの問題だと思います。
      2つあるうちの上のリンクからダウンロードすれば入っているはずです。

タイトルとURLをコピーしました