AviUtlのおすすめスクリプト

AviUtlのおすすめスクリプト

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

導入しておくと便利な「スクリプト」について解説します。

↓クリックすると開きます

イージングスクリプト トラックバー対応版:Dropbox

簡易モーフィング:スクリプト置き場

領域枠:スクリプト置き場

シャドウ・ハイライト:スクリプト置き場

カメレオン効果:スクリプト置き場

なめらか縁取り:Dropbox

中心座標移動:OneDrive

TAタイピング:BowlRoll

矢印:BowlRoll

枠:アマゾンっぽい

角付き丸吹き出し:AviUtl 物置

イージングスクリプト トラックバー対応版

AviUtl スクリプト イージングスクリプトトラックバー対応版

AviUtlのデフォルト機能で画像や図形を動かすと、単調な動きになってしまいます。

AviUtl スクリプト イージングスクリプトトラックバー対応版

「イージングスクリプト」を導入すると、動きに緩急をつけることができます。

\ 詳しくはこちら /

簡易モーフィング

モーフィングとは、ある画像から別の画像へ自然に変形していく映像のことです。

AviUtl スクリプト 簡易モーフィング

「簡易モーフィング」というスクリプトを導入すると、モーフィング機能を使えるようになります。

\ 詳しくはこちら /

領域枠

AviUtlのデフォルト機能でテキストに背景をつける場合、

  1. テキストオブジェクトの上に図形オブジェクトを配置
  2. 図形の種類を「四角形」に変更
  3. 「サイズ・縦横比」で大きさを調節

という手順でできます。

ですが、図形オブジェクトは大きさを調節するのが結構面倒です。

AviUtl スクリプト 領域枠

「領域枠」というスクリプトを導入すると、簡単にテキストに背景をつけられるようになります。

\ 詳しくはこちら /

シャドウ・ハイライト

AviUtlのデフォルト機能で動画・画像の明るさを変更したい場合、

  1. 「色調補正」のフィルタ効果を追加
  2. 「明るさ」を調整

という手順でできます。

AviUtl スクリプト シャドウ・ハイライト

ただ、デフォルトの色調補正では、「全体的に明るく・暗く」することしかできません。

AviUtl スクリプト シャドウ・ハイライト

「シャドウ・ハイライト」というスクリプトを導入すると、「暗い部分だけ・明るい部分だけ」を調整できるようになります。

\ 詳しくはこちら /

カメレオン効果

AviUtlのデフォルト機能で画像を背景に馴染ませる場合、

  1. 「色調補正」のフィルタ効果を追加
  2. 設定ダイアログで数値を調整

という手順でできなくもないですが、難しくて面倒です。

AviUtl スクリプト カメレオン効果

「カメレオン効果」というスクリプトを導入すると、簡単に画像を背景に馴染ませることができます。
※右は元画像、左はカメレオン効果適応。

\ 詳しくはこちら /

なめらか縁取り

AviUtl スクリプト なめらか縁取り

テキストオブジェクトの縁取りを使うと、丸まった縁取りになります。(画像左)

フィルタ効果の縁取りを使うと、角張った縁取りになります。(画像右)

関連 テキストの基本

関連 フィルタ効果の使い方

AviUtl スクリプト なめらか縁取り

2重3重に縁取りしたい場合はフィルタ効果を使うしかありませんので、必然的に角張った縁取りになります。

AviUtl スクリプト なめらか縁取り

「なめらか縁取り」というスクリプトを導入すると、2重3重の丸まった縁取りを作ることができます。

\ 詳しくはこちら /

中心座標移動

AviUtlのデフォルト機能でオブジェクトの中心位置を変更する場合、

  1. 「拡張描写」に変更
  2. 「中心X・中心Y」を調整

という手順でできます。

関連 標準描写・拡張描写

上記のやり方は細かく設定することはできますが、「中心位置を端に合わせたい」という場合は、調整するのが少し面倒です。

AviUtl スクリプト 中心座標移動

「中心座標移動」というスクリプトを導入すると、簡単にオブジェクトの中心位置を変更できるようになります。

AviUtl スクリプト 中心座標移動

テキストオブジェクトの場合、「文字は左揃えにして、テキストボックスだけ中央寄せにする」ということができるようになります。

関連 文字の中心位置

\ 詳しくはこちら /

TAタイピング

AviUtl スクリプト TAタイピング

テキストオブジェクトの「表示速度」を設定すると、文字を1文字ずつ表示させることはできますが、これだけではタイピングっぽくはありません。

関連 表示速度(1文字ずつ表示)

AviUtl スクリプト TAタイピング

「TAタイピング」というスクリプトを導入すると、文字をタイピングっぽく表示させることができます。

\ 詳しくはこちら /

矢印

AviUtlのデフォルト機能で矢印を作ろうとした場合、

  1. 図形オブジェクトを2つ追加して上下に配置
  2. 図形の種類を「三角形」と「四角形」にする
  3. 「サイズ」「縦横比」で大きさを調整

という手順で作れなくもないですが面倒です。

AviUtl スクリプト 矢印

「矢印」というスクリプトを導入すると、簡単に矢印を作れるようになります。

\ 詳しくはこちら /

AviUtlのデフォルト機能で枠を作ろうとした場合、

  1. 図形オブジェクトを追加
  2. 図形の種類を「四角形」に変更
  3. 「サイズ・縦横比・ライン幅」で大きさを調整

という手順でできます。

ですが、図形オブジェクトは大きさや位置を調整するのが面倒です。

AviUtl スクリプト 枠

「枠」というスクリプトを導入すると、簡単に枠を作れるようになります。

\ 詳しくはこちら /

角付き丸吹き出し

AviUtlのデフォルト機能で吹き出しを作ろうとした場合、

  1. 図形オブジェクトを2つ追加して上下に配置
  2. 図形の種類を「円」と「三角形」にする
  3. 「サイズ」「縦横比」で大きさを調整

という手順で作れなくもないですが面倒です。

AviUtl スクリプト 角付き丸吹き出し

「角付き丸吹き出し」というスクリプトを導入すると、簡単に吹き出しを作れるようになります。

\ 詳しくはこちら /

「AviUtlのおすすめスクリプト」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

創作日和
タイトルとURLをコピーしました